国際交流センターについて

全国にあるすべての国立高専が利用する共同施設で、2009年4月1日、日本の南の玄関口・沖縄にある沖縄工業高専専門学校(沖縄高専)に併設され、2014年4月から高専機構本部へ移管されました。
外国人留学生の受け入れと、国立高専所属の学生および教職員等の海外への派遣に関する支援を行うことにより、高専における国際交流の推進を図ることを目的としています。